*

医学部合格できる高校とは

合格力の高い実力校の中高一貫校々長によれば、東京大学の2次試験は、オーソドックスな総合力を問う問題が多いので、地道にコツコツ勉強して学力を高めることが重要と指摘しています。

河合塾講師によれば、数学で言えば解法をマスターするだけでなく、どうしてその公式を使うのかが分かっていないと解けない問題があり、全体的に学習の積み重ねがモノを言うと話しています。

難関の国公立大学であるほど、付け焼刃の学習では歯が立たないことは当然と言えます。

 

3つ目は上位校に男子校が多いことで、ランキング上位6校までが男子校です。

少子化で生徒確保が難しくなり、男女別学校は共学化するのが最近の傾向で、共学校なりの良さもありますが、国公立大学の合格実績では数字が示す通り、共学より男子校が上となっています。

進学校を多く取材しているルポライターが「男子校という選択」という本を出しています。

 

それによれば、男子校は異性の視線を気にせず、学校内で勉学や部活動などに集中できる昔ながらの良さがあるということです。

慶応進学会フロンティア



コメントする